スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だから言わんこっちゃないカルデロン事件

カルデロン親子の件ですが、また、10日間の仮放免延長ですか。いい加減ひつこいですね。ところで東京都足立区においてまたこんな事件が出てきました。

夕刊(東京新聞)
東京都足立区に住むインド国籍のサニー・アマルさん(45)の長女で小学六年のコーマルさん(12)が今月、都内の私立中学校に合格した。バレーボール部への入部も決まり、入学式を心待ちにするが、実際に校門をくぐれるかは分からない。一家は不法残留で強制退去処分を受け、現在は退去が猶予されている仮放免の身だからだ。 (寺岡秀樹)

 アマルさんは一九九三年、妻(45)と短期ビザで入国。期限切れ後の不法滞在中、コーマルさんと長男(15)、次男(9つ)の三人の子どもが生まれた。夫妻は少しでも自然な形で滞在できれば、との思いで子どもたちが通った小学校のPTA役員を務め、地域のボランティア活動にも積極的に参加してきた。

 コーマルさんが地元のスポーツ少年団でバレーボールを始めたのは小学二年の時。友だちに誘われたのがきっかけだが、一七七センチの長身と持ち前の身体能力を武器に頭角を現し、昨年は都大会に出場。強力なスパイクが注目された。

 合格した中学校のバレーボール部は今春に新設されるが、系列高校は関東大会の出場校。中学チームの強化を目指す学校関係者は、コーマルさんの入部に熱い視線を送る。

 コーマルさんの夢はプロのバレーボール選手。夢に近づく第一歩となる合格に、コーマルさんは「泣きたくなるくらいうれしかった。練習が厳しくても頑張ってエースを目指す」と瞳を輝かせる。

 しかし、希望が膨らむにつれ、強制退去への恐怖も大きくなる。退去処分の取り消しを求めて起こした訴訟は昨年、最高裁で敗訴が確定。仮放免中の一家は、身柄の収容が一時的に停止されているにすぎない。東京入国管理局への毎月一回の出頭を義務付けられ、いつ収容されてもおかしくない状況が続く。

 コーマルさんは今月十日、家族とともに出頭し「合格したのにインドへ帰りたくありません。私のたった一つのお願いです」と記した法務大臣あての手紙を提出した。

 「中学合格が家族全員の滞在につながってほしい」と祈るコーマルさん。一家の残留を求める嘆願書は一万一千人分を超えた。
◆強制退去処分 07年2万8000人

 法務省によると、二〇〇七年に強制退去処分を受けた人数は全国で約二万八千人で、うち、アマルさん一家のように同処分を受けてから仮放免の身にあるのは約九百四十人。だが、この一家と同じく十五歳以下の子どもがいる世帯の数は統計上の数値がないという。

 同省は「在留を認めるかどうかは家族状況や在留を希望する理由など、ケース・バイ・ケースの判断になる」と説明している。

こんなことが全国全市で続けば入管法は崩壊しますね。ゴネ得と泣き落としのジャイアニズムワールドが通用するのなら法治国家は必要ないのではないのでしょうか?
真面目に滞在し、真面目に帰っていく良心のある外国人のイメージを貶めて悪い事をしているとは思わないのでしょうか?

だから言わんこっちゃないんですよ。

カルデロン親子の次にまた別のケースが出てくるのは分かりきった事じゃないですか。
足立区にしろ、蕨市にしろ、みんな自分の町の外国人だけ受け入れればそれで済むのでしょうか?
済むわけないでしょうよ。

勤勉だし素直だし可愛いし良く働くし真面目だから、 自分の町に住んでるかわいそうな不法滞在外国人さえ入れれば良いと思っていませんか?

自分と自分の所属する町さえ良ければいいと思っていませんか?


治安と外国人犯罪被害者のことを考えた事があるのでしょうか?

外国人労働者に奪われた雇用と失業、社会保障について考えた事があるのでしょうか?



↑韓国人と中国人の不法滞在者です。彼らだってそりゃ、真面目に生活してたかもしれない。不法滞在者であるという点では、カルデロン親子と何ら変わりはありません。何故、彼らばかり優遇するのでしょうか?かわいそうだからですか?



↓↓↓ご署名宜しくお願いいたします↓↓↓
村山談話の白紙撤回を求める市民の会

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ : 在日特権を許さない市民の会
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

世事録

Author:世事録
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。