スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

港区議会議員 赤坂大輔氏~エセ保守の存在について~

(大きな声の独り言)
新外国人管理制度について
 【新たな在留管理制度の導入】
 一、法相は日本に中長期在留する外国人に対し、基本的身分事項、在留資格、在留期間などを記載した在留カードを交付する。
 一、在留外国人は在留カードの記載事項などに変更があった場合は、法相に届け出なければならない。法相は継続的な把握のため、必要がある場合には、届け出事項について調査できる。
一、在留期間の上限を3年から5年に引き上げる。原則として許可を受けることなく1年以内の再入国を可能とする。
 【外国人研修制度の見直し】
一、実務研修を伴う研修について、労働関係法令の適用を可能とする在留資格「就労研修」の新設などを行う。
 一、企業が賃金不払いや旅券取り上げなど重大な不正行為をした場合、新規研修生の受け入れ停止期間を現行の3年から5年に延長する。
 【「留学」の一本化】
 一、留学生の安定的な在留のため、在留資格「留学」と「就学」の区別をなくし、「留学」に一本化する。


現行法では在留3年以上の滞在は不法であったが、これからは合法となるということでは、これでは外国人を今まで以上に受け入れるという方針に何ら変わりはないのでは?
外国人研修制度の見直しについては、現在まで「実務研修」とは名ばかりで要は日本人より低賃金の外国人労働者を受け入れたい、利ざやを取りたいようにしか見えんが。

この内容によれば、喜んではいられないのではないですかね?取締りを強化する一方、3年から5年に引き上げるのは、法の網から漏れて意味が無いということなのでは?
結局、涙目なのは日本人のような気がします。




↑新制度を導入したところで在留期間を3年から5年に延長されては元も子も無いのでは??


港区議会議員 赤坂大輔氏がエセ保守の存在について一言述べておられます。

在特会会員で無いと見られないコンテンツではありますが、今の保守という存在についてワタスは非常に参考になりました。

まあ、気が向いたら、在特会会員になって見て下さい♪


来賓スピーチ 港区議会議員 赤坂大輔 様
http://www.zaitokukai.com/modules/mymovie/movieview.php?cid=11&lid=29







いつもブログをご覧になる読者の皆様、 このような弱小ブログであるにも拘らず、 ウェブ拍手を賜り、大変、感謝致しております。

有難う御座います。
 
人はまた、人を知り、人に心動かされ、人に感謝するもまた、 人を貶めれば、人を恨むものであります。

人は良くも悪くも人を打つし、打てば何らかに響くと考えております。

常に良い方向に打つよう心がけてはおります。

 その意味において、ウェブ拍手一つにしても感謝の気持ちを忘れてはならないと考えております。

何か良いとこ取りのどっかの結婚式のスピーチの様になりましたが(笑)、これからもどうぞ気長に宜しくお願い申し上げます。

                                             




テーマ : 在日特権を許さない市民の会
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

世事録

Author:世事録
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。