スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在外韓国人に選挙権…韓国国会、法案採択へ

在外韓国人に選挙権…韓国国会、法案採択へ

 【ソウル=浅野好春】韓国国会の政治改革特別委員会は29日、国外に居住する韓国人に選挙権を与える公職選挙法、国民投票法、住民投票法の3法案の改正案を賛成多数で可決した。
Click here to find out more!

 改正案は2月2日に国会本会議で採択される見込み。在日韓国人も対象に含まれ、日本に居住する外国人への「地方参政権」付与問題に影響を及ぼすのは必至だ。

 聯合ニュースによると、改正案は、19歳以上で韓国国籍をもつ永住権保有者全員を対象に、大統領選、国会比例代表選への投票権を与えるほか、韓国国内に住民登録をした一時滞在者にも、不在者投票に準じた国会の選挙区選挙の投票権を付与する。2012年総選挙から適用される見通し。対象となる在外韓国人は、一時滞在者が155万人、永住権保有者が145万人の計300万人のうち、選挙権を持つ約240万人に上るとみられている。
(2009年1月30日00時06分 読売新聞)

こりゃ極めて危険な法律だな。外国人参政権が通れば、在日は韓国と日本の両方の参政権を持つのであって、裏から在日が日本の政治を韓国に良いように介入できるようになるだろう。韓国に対する経済援助、移民問題、竹島対馬の領有権は益々、危険になる。将来、他民族国家日本に住む日本民族が、日本族として小さくちぢこまるのも時間の問題だな。

民主党に投票してはいけない。
民主党に投票すれば日本はなくなります。

テーマ : 在日特権を許さない市民の会
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

世事録

Author:世事録
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。