スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年8月15日②


ブログを書いていると、現実と言論が乖離して、ますます虚しく、アホらしいものに思えてくる。ブログというものは大方、背伸びをしないと書けないもので、私は十分背伸びをして書いている(しかし、これは私の役割ではない)。願わくばこの国に強い指導者こそ欲しけれど。

私は、いつも、「この国にいて欲しい」と思っていたし、今でもそう思っている。

時代を変えるのは行動者のみであり、空理空論の言論界で遊んでも何も生まれて来るものはない。

私はただの「一平卒」であり、行動者は源氏の御大将。そういう国士の方々が本来、堂々と前に出て主張する方が好ましく、小生の様な言葉遊びのようなブログばかり流行っているのは良くはない。



その意味では小生は某ブログを評価しておりますし、いくら朝鮮人を馬鹿にしても、結局「日本人は朝鮮人に対して、完全に敗北者であり、徹底的に駄目である」と言っているブロガーの方が一体何人いますか?

これを読者に対して臆することなく言い切ったブログは某ブログ以外に知りません。

望むらくは、日本人の伝統的「屈中屈韓ルサンチマン」状態からの脱却であり、中国人、特に朝鮮人に対する根拠無き優越感、これを日本人をして「亜Q」と唾棄したのは主権の会・西村修平代表以外ありえない。

あの講演会において西村代表は決然と言い切りました。しかしながら参照数は1000、2000の僅かの回数である。日本国一億総民の認識として、これが現実なのです。



あの反天連の侮日極左と戦う一般市民の方々の動画を見て、評論家の時代は終わったと思った。

小生の様な評論家のブログは消え去って、本物の言葉がネット空間で何よりも必要な時代であると。

もはや「行動する保守」の皆様こそネットに出て自分の主張を発信し、引っ張るべき危急の事態であり、日本は紛うことなくそれを求めております。

500名の保守の方々の動画を見れば、ネット言論、揚げ足取り(左翼)連中の堂々巡りというものが如何に空虚であるか?

私はあのような行動する方々を見て間違いなく「保守」であると言い切れる。

行動する保守国士の皆さん、貴方がたの時代です。




↓参考ブログ:
日本革命までもう少し!500人対180人 保守派の歴史的勝利
「この国は少し変だ!よーめんのブログ」

http://youmenipip.exblog.jp/11747505/

テーマ : 在日特権を許さない市民の会
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

世事録

Author:世事録
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。