スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価の力

創価の力は早起きの力である。
大体、朝五時あたりに彼等は聖教新聞を配りに来る。
こういう活動を信心の力で無収入でやる。
想像してみて欲しい。
貴方がいくら愛国者であるからといって朝の糞寒い(笑)5時に起きて無収入で滞りもせず、ビラのポススティングなぞできるだろうか?しかもそれが毎朝!!である。
まあ恐らく一人もいないだろう。
言い換えればそれが創価の強みで、信心のために、毎朝五時あたりに起きて無収入で新聞を配りに来るのである。
そういうことを平気でやるから、創価学会は油断できない。
そしてまた、上層部は駄目だが、下っ端の創価学会員の中にはネットで言われているような狂信者でもない、玉石混交の中には、普通の善人創価学会員もいるわけである。
そいつは又、偏ったアホな意見を言うわけでは無く、そつが無いので突っ込みようが無い。
そういう普通の創価学会員が、売日云々を目を輝かして語れば、普通の庶民は単純に引っかかる。最も油断できないのは、創価つながりで出来る限り困った人には仕事を斡旋する、また、口利きでの努力も惜しまない。
それ故、困窮者はすぐ入信してしまう人もいる。

日本人が元々持っていた向こう三軒両隣の互助連帯のネットワークを大作教はさっさと作ってしまっている。共産党と社民党の貧困層に対するNPOネットワークもそうだが、地元のNPOの動きを、大作教の地方支部はこつこつやっていたりする。

保守層がこういう互助連帯のネットワークを組んでいると言うのは見たことも無いし、聞いた事も無い。もし、あったら教えて欲しい。

まあ、こう言えば、お前はカルトの回し者だ何だと言う人が出てくるかもしれないが、私は学会員ではない。が、とある事情である程度は学会のことは詳しい。

要は、NPO経由の地元に密着した、互助連帯のネットワークを保守陣営も、自民党もそれをやってこなかった。だから早く作れということを言いたい

テーマ : 在日特権を許さない市民の会
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

世事録

Author:世事録
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。