スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あえて静かに本音を語ろう。

かつて国家を論じ、行動する人々が尊敬を集めた時代があった。桜井会長、西村代表にしろ大凡70年早く、あの時代に生まれていたら憂国の士として讃えられたはずである。愛国心という昔話のイデオロギーはガラクタ同然に投げ捨てられ、愛国者は忌み嫌われる存在となった。

己を投げ打って戦う人々を嘲笑うかのような文化、軽薄な風潮ばかりまかり通った。メディアによる文化破壊、愚民化政策。流されるものに流され、見えるものを疑うことなく正しいと信じ、国民は文盲になった。イデオロギーは死んで、しこたま金を集めるのが何より真っ当な生き方になった。

勝負事は、「勝てば官軍、負ければ賊軍」の言葉通り、歴史は常に勝者の論理によって裁かれる。勝てば救国の英雄だが、破れれば中共によって時流に抗した愚かなインディアンとして、評価される。

大抵、人はそれぞれ名誉、権力、カネ、モノ、性欲、、、、何か欲望を満たす為に生きているものだが、イデオロギーが死滅した今、保守運動はどんな欲も生みださないのではないか?かつて国家は命を張るに、人生を賭するに値する意義を持っていたし、愛国者は敬される存在であったが、現在の軽薄先行、金満と自己保身に邁進する世相において国体は守るに足る何か深い意義があるか?

其々が唯、出世に結婚に生活に子供にと、金満と自己保身に、のんべんだらしとした「自己保守主義」が日本丸に横たわっているだけである。イデオロギーも何もない。硫黄島の先人でさえ、あの酷い待遇であった。メディアも政治家もほったらかし、国の為に戦った多くの先人達の名誉もほったらかし。

今の日本国は先人が身捨てて守るに到底、値しない。

政治家自らが日の丸を解体しようとしている。
企業は金儲けで乗っかっている。
マスメディアは国民が馬鹿になるよう垂れ流している。
国民はミサイルが落ちても知らん顔で、麗かな春の世を楽しんでいる。

亡国の極みではあるが、、、。

日本国は60年を経て左傾したが60年動けば右に返るのか?60年、中共が待つか?ある教授は10年、20年と持たないだろうと。到底、時間が足りない。ドイツの二の舞を食う可能性がある。言論の自由は無くなる。移民流入に抗して、反移民主義が持ち上がるも民族差別基本法によって保守主義は潰される。

左から右に大きくハンドルを切る必要がある。凡人では成し得ない。稀の人でなければ出来ない。しかも大きなカリスマ、指導力を持った人物である。何かこう、強烈な人物でなければ現状を打開できない。常人の力量では無理である。それを言えば他力本願だと周りに言われたが、現状を鑑みればそれが真理ではないか?論理を超えた神懸りの理論というのは宜しくない。合理は既に破綻している。



↑300年に一度と言われるが、300年も待てない。



↓↓↓ご署名宜しくお願いいたします↓↓↓
村山談話の白紙撤回を求める市民の会

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ : 在日特権を許さない市民の会
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

世事録

Author:世事録
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。