スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビラ配り雑感

ビラ配りで感じた事は
河野談話の話をするとハア?と返ってきた事である。

今回の経験で感じた事。
一般の方々は大抵が、
①河野談話のことさえ知らない人がいる。
②慰安婦問題も良く分からない。
③偉い政治家さんがあるって言ったのであった。まー、それでいいんじゃないの?
④新聞ではあったと言っている。被害にあった人もいる。
⑤俺には関係無いのでどうでもいいし、シラネー。さっさと参拝すまして帰りたい。
こんな感覚である。

だが良く考えてみて欲しい。1999年、マイクホンダと名乗る反日日系軍団の120億ドルもの日本企業に対する賠償請求額を。120億円ではない120億ドルだ。120億ドルは120兆円!!120 兆円も請求されたら日本の大企業は軒並み潰れ、即日仕事はなくなる為、その賠償は超法規的措置で国民一人一人の税金で補填する事になる。大体人口1億2千万と見積もって、国民一人当たり100万円の損失補てんをする事になる。これは1億2千万は納税者実数では無いため、負担はもっと重くなる事だろう。

日本は120兆円もの賠償請求を逃れる事が出来た。

たまたまアメリカに共和党政権が誕生していた為、さらにたまたまの緊迫するアラブ情勢と、日米友好の立場から破棄されたのである。

要は運が良かっただけである(笑)

民主党政権と中国との擦り寄り次第では、またぞろ120兆円の話も出てくるかも知れない。更にはオランダ以下諸外国の「謝罪と賠償」の包囲網も四面楚歌で危険である。遠からず必ず向こうは外交戦術として、第三国を使って揺さぶりをかけてくる。

よって国民が謝罪と賠償を要求される前に反撃できる体勢を整えておかなければならないのである。

テーマ : 在日特権を許さない市民の会
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

世事録

Author:世事録
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。