スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代の倦怠

常に天才を夢見ていた。時代における天才が世の中を変えると信じている。

気づいた時点で始めから負けているのではないか?日本は、無い。
後は共和国ニッポンが先人を思い慮ることなく踏みつけてのんべんだらりとあぐらをかいて横たわるだけである。

輝かしき時代、ヒノマルの栄光は消え去って、今や
成金と軽薄のみが幅を利かす時代。

モノノフは死に絶え、己の肉体を喜んでぶつける機会はもはや、無い。

ただただ肉体を腐らせて、人生や家庭や政治、、、戯言の類に嬉々としているのみである。

騒がしく五月蝿げな声のみが正論で、小さな力無き声は矮小卑劣な集団として位置づけられる。一体そこに何の意味があるか?

自衛隊をして建軍の意思も無く、又、自衛官本人がナショナリストでもなければ、お金をもらって、銃を持っているだけのただの奴隷だろう。

国民をして自警団、即ち将来の国軍を作った方がいい。が、それを出来るのは天才だけだ。

「老い」も「若き」も女々しく明治昭和の先人の栄光に縋り付いてばかりいる。阿Q精神、、、。

若人だけが持つ強靭な肉体、意思の力も、もはや、それを喜んで投げ打つ時代は無い。

かつて、思想を持った人間は時代の中でチャンスを与えられた。チャンスは天才が作ってくれた。
思想を持たない人間は無理やり従わされた。、、、
奴隷のように。ささやかな幸福のみを求めていたからである。
しかし、思想を持つ人間は右も左も自らが喜んで戦うのである。傍から見ればこれは正気の沙汰ではない。右左の狂人連中は消えてそんな時代は終わった。

武士の時代、戦いの時代は終わって、恋、愛、女、そして家庭や人生、「ライフ」というものが第一義になって、肉体を老いさらばえて死んでいく。若い肉体は朽ち果て、明晰な理知は痴呆となって、人生に狼狽し、果ては遮断された構造物の中で怯えながら死んでいくだけである。

何かこう「大義」とか人は何か、他のこと、他の人の為に生きることをよく考えたものだ。人生において生きる瞬間というものを刹那的に、時代の壁といったものにぶちあてて生きてきたものだ。だが、現代は違う。全くもってドラマが無い。見飽きた退屈な映画が漫然と流されるように、働いて飯を食って死ぬだけの「生きるという単調な作業」が己に降りかかるだけである。

だから世人は女に恋に不倫に、或いは酒に博打に溺れたりするのだろう、性欲だの金欲だの「ライフ」を楽しみにする瞬間の快楽のみを極限に追求していくのだろう。だが、そこに思想は無い。思想が無い人間は何も考えなくても良い。だが僅かに残った「思想が必要な人間」はどうすればいいのだ?右翼も左翼もその類だろう。


遅れた時代に生まれ落ちた世代の、老いさらばえた肉体と魂を持て余して、果ては隔離された空間の中で馬鹿になって死んでいくだけの人生、、、。
くだらないドラマ。



時代の倦怠のみを感じる。


スポンサーサイト

チャンネル桜、在特会、、、。

動画を見てると、大阪でNHKの台湾デモに参加された方が、在特会のデモに参加してたりする。

一方で在特会のメンバーが反日NHkのデモに参加してたりする。

主催者のルールに従う限りそれぞれ別の団体に参加出来るのは喜ばしいことだ。例えば、桜のメンバーだから参加しちゃ駄目とか、在特会だから桜のデモに参加不可ですというのが無いのは、良いことだ。

本来、デモの参加者はそれぞれの政治主張にあわせて、それぞれが流動的に参加するものだが、大方の保守は、反日NHKにも外国人参政権にも反対だし、共通認識というのは細かいところは抜きにして、大体は一致している。

つまり、思想的に根っこの土台は、殆ど大差ない人が多いわけで、根本的な認識さえ違わなければ、問題ない。そういう観点から見れば後は方法論の違いで、たまたま、その結果が「桜」に賛成であったり「在特会」に賛成であったりしただけなのだと思う。

実は普通の一般参加者というのはそれほど桜とか在特会にこだわってない。桜だから、在特会だから嫌だというのは、まず無い。それよりもテーマとか、政治家の何々が来るぞとか、大きなデモだからいっちょ参加してみよう、とか、それぞれ案外、別の理由で来ている。こうなると、志向の問題になるから、桜ですとか在特会ですという色分けをわざわざする必要もない。

そうして、反日NHKと外国人参政権、、、。在特会のメンバーがひょこっとNHKに参加してたり、桜が京都や大阪の外国人参政権デモに出ていたり、、、。桜のNHK参加メンバーの中から、ちらほら在特会の話を聞いたりもする。

面白いのは在特会の立場の上の人が桜のデモにふらりと出てきて桜も気づかないのか、一般参加者のインタビューに出てたりする(笑)。

参加したその場でお互い政治云々の話やら、あれやこれやの交流など、相乗効果で良い結果が出ているように思う。

桜のことは良く分からないが、それぞれがお互いに良い面を引き出しあえれば良いのではないかと思う。


よーめんブログのご紹介↓
http://youmenipip.exblog.jp/
「命を懸けてないからだ」の記事を見ました。真正保守議員の皆様を除き大方の政治家は命懸けてないですよ。命懸けて腹切ってるのは政治家ではなく、団体の人なんですよ。で、負けても未だに公明と仲良くとか言ってるんですよ、もうね、、、。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ : 在日特権を許さない市民の会
ジャンル : 政治・経済

国民の共感力~国想う行動というものはこの国では余りに哀しい。~

選挙ですが、報道のあり方にもよるんでしょうが、質問に答える国民をして、まず「政治家は何をしてくれるの?」と問いかける姿が気になりました。次に語られた言葉は「国や政治家は何もしてくれない」でした。国のために何が出来るか?について考える発想は見られませんでした。

誰もが誰もあれしてこれしてのクレクレ国民ではどうもこうもありません。

こういう発想では米百表の精神はおろか、諸手振るって究極のポピュリズム政党に雪崩れ込んでも仕方無いものと思われます。

自らの歴史を知りえない民族に国の将来を想う行動はありません。何故なら歴史は過去から現在、現在から未来へと受け継いでいくものであって、過去を知りえない人間、国を愛さない人間に、国益の概念、将来の子孫を想う米百表の行動精神なぞ生まれてくる訳が無いと考えるからであります。

だからこそ、保守ボランティアが国益に関する人権擁護法案反対・外国人参政権反対のビラを必死に配っても、これには知らん振りで、一方では、民主のビラをふんふん興味深く受け取っているこの有様です。

愛国教育の欠如から来る国益・国家観のなさは、結局、皆が皆、刹那的な、場当たり的な投票に走るのは当然だと思われます。

勿論、生活に困り、生きるために必死な困窮者に対してどうこう言うつもりはありません。しかしながら、お金もそこそこに降りて食うにも困らない層や、十分飯を食えてるコメンテーター、メディア連中までがテレビに一斉に顔を出して、「政治家は何をもしてくれない」とチネり→異口同音に、「何をしてくれるのか?」ではどうかと思います。

まあ、それがテレビ受けして良いのでしょうが、メディアから流れる「世を腐す精神」というものは国民に流れて、どうしようもありません。



8/30日という投票日において、ある行動団体の方が割腹して重傷だとの事です。4,5年前には自衛隊員が国会前で割腹して重傷。

残念ながら、この国の目先の利に踊らされた「愚民化された国民」には、選挙戦の陰のせいぜい「どーでも良い記事」に写るようで、そんな三文記事程度の認識では、「国想う故の死を覚悟した行動」というものが、余りに哀しいではありませんか。

国想う行動というものはこの国では余りに哀しい。

水島社長の言う「共感力」という表現が浮かんだ次第です。




よーめんブログのご紹介
なぜ自民党が大敗北したのか?!
http://youmenipip.exblog.jp/11837901/
↑自民党が大敗北したのは行動保守を蔑ろにしたからです。国家意識の無い政治家が本当の意味での保守を無視して党利党略で政治をやったからです。極右評論でも書いておりましたが、まだ公明党とやると言ってる。諫死騒ぎがあっても何処吹く風の様子、命をかけて行動することの意味がお偉方には分からんのです。泣きの涙の投票は今回はあっても次は無いでしょう。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

テーマ : 在日特権を許さない市民の会
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

世事録

Author:世事録
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。